2006年7月19日 (水)

WWS BATTLE HISTORY1~伊勢崎編~

今回より、「WWS BATTLE HISTORY」と題し、今までのWWS
での激闘をブログ上でプレイバック。今後の情報掲載とともにページ
を賑わしていきます。

第1回は「伊勢崎編」(PART1)と題し、2005年の伊勢崎大会を
振り返ります。

2005年11月28日(月) 伊勢崎市民第2体育館
◎ノーロープ有刺鉄線デスマッチ(時間無制限1本勝負)

○M・ポーゴ(エプロンからチェーン絞首刑→失神KO)gosakuポーゴ●

----------------------------------------------------

8/27(土)WMF弘前、10/23(日)本庄で2度対戦したポーゴと
gosakuが遂に伊勢崎でノーロープ有刺鉄線で激突。gosakuはかつて
FMWでポーゴとタッグを組んだ姿を彷彿させるポーゴ姿に扮して出現。
真っ向からポーゴにぶつかり、ポーゴを流血させたが一気に形勢逆転。
鎖鎌、アイスピックの残忍な攻撃でgosakuポーゴを追い込んでいく。
打たれ強いgosakuポーゴをこれでもか、とばかりに攻め込むポーゴ。
いつにも増した凄まじい武器の威力だ。

143_2

31_2

最後は有刺鉄線をペンチで切り取り、自らの武器に早変わりさせたポーゴが
gosakuをグルグル巻き。危ない場面も一瞬見られたが
最後はgosakuポーゴを圧倒し完勝を収めたポーゴだ。

152_2

セミには伊勢崎大会に毎年、定期参戦しているデンジャーこと松永光弘が
登場。キバをつけたデンジャーが異色の6人タッグを混乱に陥れた。

今年の松永はどんな活躍を見せるか!?

154_2

6人タッグマッチ(60分1本勝負)

松永光弘、○グラン浜田、M・伊勢崎(浜ちゃんカッター

→体固め)藤原喜明、茂木正淑、デンジャーガン●

| | トラックバック (13)